不要の本ありませんか?

f0326895_2217483.gif
岩手の沿岸部に陸前高田市という街があって、私は名字が髙田なので、時々仕事中にハッと名札を見られ、「高田の方ですか?」と言われることがあります。
高田出身の知り合いもいて、だから何となく親近感があって。
その知り合いから、『陸前高田市図書館ゆめプロジェクト』という活動を教えてもらいました。
不要になった本をバリューブックスに買い取ってもらい、その買取額が図書館再建のための寄付になるというものです。
4月30日までなので、不要の本がある方はよかったら。

HPはこちら→ http://books-rikuzen.jp/

うちの押し入れいっぱいの長男の本(押し入れからはみ出し、今は部屋の隅に積み上げられつつあります)もこっそり・・・と思ったけれど、けっこう大事にしているから「だめ」って言うだろうな。
うちの長男は一人暮らしにギブアップして戻る時、家電や私が持たせた九谷焼の食器は処分して(これはとても私はショックだった)、本の入った段ボールだけ持ち帰った男です(笑)
[PR]
by DANdes | 2017-04-04 22:19 | Comments(2)
Commented by kurosyuke at 2017-04-06 07:54
アララ・・・昨日コメント書いたと思っていたら、送信されていなかったみたい・・・。

長男くんのこと、やっぱりわかります。

私もUターンするときに、荷物の半分は漫画本(捨てられなかった)でしたから。

陸高・・行ってみたいと思っていますが・・中々。

不要の本・・ボロボロだから出せないという悲しさ。
Commented by DANdes at 2017-04-06 22:48
●kurosyukeさんもうちの長男タイプなんですね(^-^)
「ボロ」と聞いて、水前寺清子の「♪ボロは着てても心の錦~」という歌を思い出しました。
曲名が思い出せません。
みんな、知らないだろうな(笑)
<< スマイル 始まりましたよ >>