ふんわり

f0326895_22231574.jpg
おととい、82歳の叔母が冬の間編んだマットと靴下をお土産に持たせてくれた。
その靴下をはき、台所のスツールに腰掛け、珈琲を飲みながら岩泉の余韻に浸っている。
毛糸のマットは、やわらかくてあたたかい。

下の子が「何してるの?」と来たので、クマムシの「あったかいんだからぁ♪」という歌で答えると、「???」な顔をして通り過ぎて行った。
by DANdes | 2017-04-10 22:27 | Comments(4)
Commented by kurosyuke at 2017-04-11 07:44
叔母さんの気持ちも編み込んで・・・。

ってことですね。

毛糸のマットって凄い暖かそう。
Commented by DANdes at 2017-04-11 22:13
●kurosyukeさん、年を取って分かることっていっぱいありますね。
若かったら、叔母がどんな気持ちでこれを編んでいたかとか、考えることもしなかったろうと思います。
叔母は仮設暮らしで、部屋が4畳半一間なの。
4畳半の真ん中に置かれたコタツで、冬の間編んでいた姿を思うと、ちゃんと使おうと思います。
Commented at 2017-04-13 03:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by DANdes at 2017-04-13 08:04
●桜さん、うちはA型とO型がいて、A型は器用だけどO型は大雑把な性格で手先は普通なのです(^-^)
<< 寒い日 青い中津川 >>